誘致に向けた第一歩

 今日、何人かの方から同じ内容の電話を頂いた。その内容とは、ラグビーワールドカップ2019日本大会熊本誘致の件。

 この熊本誘致について、昨日の一般質問で、蒲島知事に質問をさせて頂いた。その際、知事からは「チャンスがある限り、誘致の可能性を追求して参りたい」との力強いを答弁を頂いた。

 電話を下さった方は皆、この知事の力強い立候補表明を大変喜ばれていた。私自身も率直に嬉しいし、質問した甲斐もあった。同時に、予想を超えた反響にも少し驚いている。それ程、多くの方が、誘致実現を切望されているという事。

 誘致実現までの道のりは、競争も激しく、決して平坦ではない。しかし、知事の言葉と姿勢に、関係者の方々やラグビーファンがどれ程勇気付けられ、喜んだ事か。今後の活動にも大きな弾みがつく。

 開催は8年後。結果はどうなるか判らない。しかし、誘致実現に向け、大きなを一歩を踏み出した事は間違いない。

カテゴリー: 1.活動日誌 パーマリンク